2008年01月19日

マレーシア・スランゴール州で操業する日系企業

スランゴール州の州都シャー・アラム(Shah Alam)に有る、州立回教寺院と州立博物館に行くために、詳細なシャー・アラムの地図を購入して読んで見てビックリしました。シャー・アラムにある工業団地内で日系企業がたくさん操業しているのです。7割近くが日系企業です。もちろん、ドイツ系や台湾系や韓国系企業と思われる企業名もたくさん見かけます。

マレーシアの道路を走っている自家用車の多くも日系自動車会社製です。現地の人の話では、シェアトップがトヨタ、2位がホンダだそうです。日本車は品質が高いので、人気があるとのこと。

シャー・アラムにある松下スポーツセンターで、毎年7月の第2土曜日、クアラルンプール日本人会とマレーシア文化芸術観光省とが共催して、世界最大規模(参加者約3万人)の盆踊り大会が開催されています。

マレーシア日本人商工会議所のホームページ記事「地域別・業種別日系企業数」に、マレーシアに進出している日系企業数が、地域別・業種別に報告されています。 興味のある方は見てください。

JHR:ジョホール州
KED:クダ州
K'TAN:クランタン州
K.L.:クアラルンプール
M'KA:マラッカ州
N.S:ヌグリ・スンビラン州
PHG:パハン州
PNG:ペナン州
PRK:ペラ州
PLS:プルリス州
S'BAH:サバ州
S'WAK:サラワク州
SEL:スランゴール州
TRG:トレンガヌ州

マレーシア、フィリピン進出日系企業における異文化間コミュニケーション摩擦 (単行本)





タグ:企業進出
posted by SmallTalk at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の思い出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91094022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。