2007年02月06日

ノートパソコン用充電電池を買う

ノートPC用の充電電池には寿命があります。私が日ごろ愛用しているノートPCの充電電池が、半年前頃からフル充電しても直ぐに「バッテリー残量低下!」の警告が出るようになりました。そこで、新しい充電電池の購入を検討しました。


ところが、ヨドバシ等の量販店で購入しても2万円以上するのです。現役を引退して、収入が減った我が家では、家計を握っている奥様になかなか購入予算を認可してもらえません。

最近、7万円前後で新品のノートパソコンが買えるというのに、交換用の充電電池が定価で3万円もするのは異常です。

先日パソコンショップに寄ったら、バッテリーセルを交換するリフレッシュサービスを利用すると、いま使っている充電電池が1万円台で高性能化して生き返るとPRしているチラシがありました。

そこで、早速、家に帰ってインタネットで充電電池のリフレッシュサービスについて調べてみました。

充電電池のリフレッシュサービスをしているショップがたくさんあるのですね。例えば下記。

(株)ベイサンのバッテリーリフレッシュサービス

(株)エコタクドットコムのバッテリーリフレッシュサービス 

そこで、念のため、インターネットで充電電池のリフレッシュサービスについて評判を調べてみました。問題ないようです。そのうえ、リフレッシュサービスも良いが、新品の互換充電電池がインターネットで安く買えると主張する記事が見つかりました。

Googleで、バッテリー型番を入れて検索をかけると、たしかに、数値上では高性能な新品の互換充電電池を売っている会社がいくつか見つかりました。

リフレッシュサービスを受けるのには、1週間以上かかりそうですので、今回は互換充電電池に賭けて見ました。

その中で、値段が安くて信用の置けそうな会社で購入したら、結局、送料込みで1万数百円で互換充電電池を購入できました。この互換充電電池には製造会社名はありません。中国製と明記してあります。2週間ほど使用していますが性能的に問題ありません。寿命がどれだけあるかはまだ未知数です。

充電電池のリフレッシュサービスでは日本製のバッテリーセルが使われますので、信用が置けます。しかし、中国製の互換充電電池を買うよりやや高価です。

話が変りますが、リチウムイオン電池にはメモリー効果が無いので、継ぎ足し充電は問題無いと言われています。しかし、電池の保存状態により劣化の程度が大きく変化します。満充電にして、高い温度で保存すると容量劣化が大きくなるのです。

ノートパソコンを高温の場所で使ったり、高温になる場所に放置しない注意が最低限必要でしょう。

上で紹介した(株)ベイサンのバッテリーマートの「お役立ち情報」に充電電池の使用方法についての記事があります。

それと、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)のホームページにある記事「バッテリ関連Q&A集」も役立ちます。

リチウムイオン電池の参考図書:

リチウムイオン電池物語―日本の技術が世界でブレイク

リチウムイオン二次電池―材料と応用

これらを良く読んでおくと良いですよ。

当然ですが、充電電池のリフレッシュサービスあるいは互換充電電池の利用は自己責任で御願いします。発火事故等が起きてもPCメーカの保証は受けられません。

充電電池のリフレッシュサービスあるいは互換充電電池を使用した経験をお持ちの方にコメントあるいはトラックバックして頂けると幸いです。

posted by SmallTalk at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。